運命の人に出会う方法

運命の人との出会いは、ドラマのような偶然続き

彼女いない歴28年

私は38歳の会社員をしています。
運命の出会いをした妻と結婚し、子供にも恵まれました。
妻とはテニスという共通の趣味があり、
週末には子供と一緒にテニス三昧です。

今の妻に出会う前までは、奥手の性格が災し、
彼女が出来た経験がありませんでした。
こんな状態では一生彼女なんて出来やしないと、
生涯独身も覚悟していました。
気が付くと就職して6年が経ち、
彼女が出来ないまま、28歳になっていました。

あこがれの理想の女性

そんな中、職場の隣の部署に1人の女性が
パートで入職して来ました。
その女性を見た瞬間、私の心に
稲妻が走ったような感覚がありました。

まさに私が思い描いていた女性像で、
一目惚れしてしまいました。
しかし、名前も分からなければ年も、
結婚しているのかも分からず。

こんなに胸がときめいたのは
生まれて初めての経験だったのに、
彼女と交際するなんて、今の自分には
夢のまた夢だなと思っていました。

あこがれの彼女が結婚!?

その後、何とか名前を知る事が出来、
話しかけられないまま半年がすぎました。
すると、彼女の名前が
ある日突然変わっている事に気付きました。

ああ結婚しちゃったんだなと、
地獄に落ちたような感覚なり、
ひどく落ち込みました。

その日から、不思議と彼女と偶然に
出会う機会が多くなりました。
休みの日に街を歩いていると、
ばったり会ったり、
友人とカラオケい行くと、同じタイミングで
彼女もカラオケボックスにいたり。

もう結婚しているだろうと思っていましたが、
彼女はいつも1人か女友達と一緒にいたので、
変だなと思っていました。

そしてある日、職場の同僚に、彼女の事について
詳しく知らないか聞いてみた所、
なんと彼女は離婚して名前が変わっていた事が分かりました。

こんな事ってあるのかと感じると共に、
私にもチャンスが出来たと喜びました。
でも隣の場所の彼女と話すらきっかけは無いまま。

運命

意気地のない自分が情けなく感じました。
そんな時、職場の同僚とお酒を飲みに
行く事になりました。
メンバーは私を含めて男性1人と女性2人。
女性は仕事で顔見知りで既婚者だったので、
特に気になる事はありませんでした。

そして、飲み会当日、1人の女性がキャンセルになり、
代わりにやって来たのは、なんとあの彼女でした。
私は緊張のあまり、何を喋ったらいいか
分からなかったのですが、これは最大のチャンスだと思い、
勇気を持って話をしました。

こんな偶然って重なるものなのかと不思議に思い、
これが運命の人との出会いなんだと確信しました。
この女性との出会いは必然的なもので
神様が用意してくれたおかげで、
出会う事が出来たんだと感じました。

結婚、8年経過

その後、彼女とはテニスの趣味が共通している事もあり、
すぐに意気投合。
離婚歴なども何のそので、1年の交際を経て、
ゴールインしました。

結婚して8年経ちましたが、今でも妻とは
新婚当初と変わらずラブラブです。

運命の出会いは、どんなに避けようとも
必ずやってくるんだと不思議な体験をしました。
私の考えですが、女性遊びが派手な方よりも、
私のように控えめな人の方が、
運命の人の出会いが見えやすい
のではないかなと感じています。