運命の人に出会う方法

こんなに漫画の様な奇跡体験を実際にしました

最初は好きかどうかも分からない人だった

私が運命の人と出会ったのは、
中学に入学してすぐの事です。
同じクラスで、すごく地味でメガネをかけた男の子でした。
私はクラス委員を進んでやる様なクラスの中心にいたいタイプだったので、特に関わりはありませんでした。

時は過ぎ、中学3年の修学旅行。
部活も引退間近だった為、修学旅行ということもあり、みんなの頭の中は受験より恋愛一色でした。
それまで特に好きな人がいなかった私ですが、みんなの会話に入りたい一心で、また同じクラスになっていた誰とも被らない、メガネのアノ男の子に告白し、付き合う事になりました。
好きかよくわからない、どんな人かもよくわからない、ただ恋バナがしたいだけという不純な動機で始まったおつきあいでしたが、お互いドンドン引かれ合い、時間さえあれば常に一緒にいるほどの関係になっていきました。
一緒の高校に行き、同じクラスになる事は一度もなかったけれど、
登下校、お昼は常に一緒に過ごしました。土日もずっと一緒で、一年のうち会わない日の方が数える程度でした。

突然の別れ

高校に入って変った事といえば、彼がドンドン垢抜けていったことです。メガネをコンタクトに変え、
髪もワックスで固め、別人の様になっていきました。
そしてついに浮気をされ、高校三年の夏に別れを告げられてしまいました。
毎日当たり前にいた人が急にいなくなり、抜け殻の様になってしまいました。毎日忘れないと!そればかり考えていました。
しかし私達が通っていた高校は、付属高校だった為大学も一緒でした。会ったりしたらどうしよう。そんな心配をよそに、広大な敷地のキャンパスで学部が違った事が幸いし、全く会う事はありませんでした。

運命の出会い

社会人になり、私も恋人が出来ましたが、DVをうけそこから抜け出せずにいました。
毎日が辛くて辛くて何度も自殺を考える日々でした。

姉が心配して、池袋でご飯食べよう!と連絡がありました。
待ち合わせ場所に早く着いてしまった為、ウロウロしていると、
人が行き交う中で、
心臓がドクンと跳ねました。

「今すれ違った人知ってる。追いかけなくちゃ。」

考える間も無く本能に突き動かされました。

自信もないのに、なぜか確信があって、腕をガシッと掴んで呼び止めました。
振り返ると大人になった昔別れた運命のカレでした。
私は今までの想いが溢れかえって言葉が出ず、涙が止まりませんでした。

連絡先を交換し、
別れてからの事をお互い話しました。

興味本位の浮気だった事。
やり直すために勉強を頑張り、
精神的に弱い私の為に心理学科に急遽進路変更した事。
心理学科に合格して、これで会いに行けると思ったら相手の妊娠がわかった事。
一年前に奥さんに浮気されて離婚した事。

プロポーズ

一緒にいると別れてから約8年の月日が嘘の様でした。

そこから私の現状を話し、
DVの彼から引き離し、
フラッシュバック等のケアをしてくれ、支えとなってくれました。

やっと傷が癒えた頃、プロポーズされました。
正直昔浮気されて不安はゼロではありませんでした。
でも私にはこの人しかいない!と思える人にこの先出会えるとは思えなかったので、
両親の反対もありましたが
無事説得できて、
結婚し、子供にも恵まれ、
現在も仲良くとても幸せに暮らしています。

運命を感じたのは今の旦那だけです。そんな人と結婚できて本当に幸せです。

運命を感じたら、そのまま流されてみたらどうでしょうか。